ここから本文です

【MLB】マリナーズが連敗止める 李大浩3ラン、スタンドに顔を模った多数の団扇も

Full-Count 5月31日(火)10時3分配信

3連敗でストップ、青木は4打数無安打で打率.244

 マリナーズの李大浩内野手が30日(日本時間31日)、「7番・一塁」で先発した本拠地パドレス戦で、今季7号3ランを放ち勝利に貢献した。

2015年までにデビューした韓国人メジャーリーガー一覧

 ホームランは4点リードの8回に飛び出した。この日、DHだったリンドが直前にセンター前ヒットでで2点を追加。試合の流れが完全にマリナーズに傾いた時だった。1死一、三塁でパドレス3番手マウアーの投じた2球目97マイル(約156キロ)速球を振り抜くと、打球は大きな弧を描きながら左中間スタンドに入った。

 スタンドには李大浩の顔を模った団扇を持ったファンが多数集結。勝利を確実なものとする一発に大歓声を送った。この日は7回にも二遊間に力強い打球を飛ばして安打を記録し、4打数2安打3打点の大活躍。打率.267とした。

「1番・中堅」で先発した青木宣親外野手は4打数無安打ながらも、2点を追う6回の打席でパドレス捕手ノリスのミットが青木のバットに当たったため、打撃妨害で出塁。これが、この回4点を奪う逆転劇の口火を切る形となった。打率.244となった。

 チームは9-3と大勝し、連敗を3で止めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月31日(火)10時16分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。