ここから本文です

愛知製鋼、細径ステンレス鉄筋 サイズ拡大品開発  6月から本格販売開始

日刊産業新聞 5月31日(火)14時19分配信

 愛知製鋼はグループ会社の愛鋼(本社=愛知県東海市、鷹羽茂文社長)と共同で、オーステナイト系ステンレス鋼SUS304の細径ステンレス鉄筋(ASCON―CD4)のサイズ拡大品の「ASCON―CD6」を開発、今年6月から本格的に販売を開始する。実際の製造と販売は愛鋼が担当する。販売対象は道路、橋、トンネル、埋設型枠用、壁面緑化用フェンス向けなど。販売目標はASCON―CD4と合わせて、中期的に年間2億円を予定している。

最終更新:5月31日(火)14時19分

日刊産業新聞