ここから本文です

アストンマーティン「V12 ヴァンテージ S」に7速マニュアル仕様を追加

オートックワン 5月31日(火)18時16分配信

アストンマーティンは、もっとも純粋なエンスージアストを魅了する卓越したスポーツカーを製造するというコミットメントに従い、2017年モデルの製品ラインナップにマニュアル・トランスミッション仕様のV12 ヴァンテージ Sを追加する。

アストンマーティン「V12 ヴァンテージ S」に7速マニュアル仕様を追加 [画像33枚]

7速マニュアル・トランスミッションの1速ポジションは、クラシックなドッグレッグ・パターンとして、伝統に回帰しながらもドライビング・エンスージアストに歓迎される仕様に仕立てられている。このドッグレッグ・パターンには、6速バージョンの「H」パターンの中に頻繁に使用するギアをすべてレイアウトできるというアドバンテージがある。

新しいマニュアル・トランスミッションには、AMSHIFTが採用されている。このシステムは、クラッチ、シフト・ポジション、プロペラシャフトの各センサー情報と精妙なエンジン・マネージメント・プログラムが相まって、ヒール&トゥによるシフトダウン(ブレーキとクラッチ/シフト操作をしながら、スロットルをブリッピングするドライビング・テクニック)を完璧に再現する。

さらに、AMSHIFTは、フルスロットル・シフトアップによる最高レベルのスムーズネスを実現するとともに、クラッチ操作による加速の中断を最小限に抑える。

AMSHIFTは、すべてのドライビング・モードで使用できるが、シャープなスロットル・レスポンスとエキサイティングなエグゾースト・ノートを伴うスポーツ・モードで真価を発揮する。特にシフトダウン時のブリッピングは、非常にエキサイティングな咆吼を轟かせる。

無償オプションとして設定されるマニュアルV12 ヴァンテージ Sは、通常の量産モデルで、オーダーの際に、マニュアルかスポーツシフトIII(AT)のいずれかを選択することができる。両バージョンは、シャーシ、ブレーキ・パッケージ、6.0リッターV12エンジンなど、トランスミッション以外のすべてが共通。パワー伝達の手段こそ異なるが、V12 ヴァンテージ Sならではのスポーツ・クオリティは、どちらでも堪能することができ、両バージョンともに0~100km/hを3.9秒で加速し、最高速度は330km/hに達する。

アストンマーティン最高経営責任者(CEO)のDr. アンディ・パーマー氏は、「マニュアル・トランスミッションという選択肢によって、V12 ヴァンテージ Sの世界観を拡大することは、運転をこよなく愛するお客様に、よりアナログでドライビングに没頭できるマシンを提供したいという弊社の意欲の表れです。この機会をお借りして、マニュアル・ギアボックスが現在でも弊社の製品計画の重要な要素であり、今後もこの方針に変わりがないことを表明したいと思います。」とコメントした。

製品開発担当ディレクターのイアン・マイナード氏は、「アストンマーティンでは、すべての従業員が自動車エンスージアストです。他とは違う特別なクルマを造ることこそ、我々の使命です。テクノロジーは、我々を進歩へと誘いますが、同時に我々は伝統の大切さも理解しています。純粋な運転の歓びを求める方々は、マニュアル・トランスミッションならではの操作感によるクルマとの繋がりを望んでいます。そのため、我々はアストンマーティンの現行ラインナップの中で、もっとも速く、スポーツに特化したモデルに伝統の流儀を復活させることに大きな歓びを感じています。ハイパフォーマンス・セグメントからマニュアル・トランスミッションが絶滅しようとしている今、マニュアル・バージョンのV12 ヴァンテージ Sは、真に特別な1台だといえるでしょう。」と述べた。

1/2ページ

最終更新:5月31日(火)18時16分

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]