ここから本文です

特急「あそぼーい!」、6月も博多~門司港間で運転 今度は平日も JR九州

乗りものニュース 5月31日(火)12時0分配信

「あそぼーい!」限定の「あそモコ弁当」も販売

 JR九州は2016年5月20日(金)、特急「あそぼーい!」を鹿児島本線の博多~門司港間で、6月1日(水)~30日(木)の水曜日から日曜日(6月8日、9日を除く)に臨時運転すると発表しました。

 特急「あそぼーい!」は、豊肥本線の熊本~阿蘇~宮地間で土日や祝日を中心に運行されていましたが、4月に発生した熊本地震により同線の一部区間が不通になっていることから、今年のゴールデンウィークと5月の土日には博多~門司港間で臨時運転が実施されました。

 博多~門司港間での運行は1日1往復。「あそぼーい!92号」は博多発11時38分、門司港着13時13分。「同91号」は門司港発14時57分、博多着16時12分のダイヤです。途中、香椎、折尾、黒崎、小倉、門司駅に停車します。列車は4両編成で全車指定席。きっぷは駅の「みどりの窓口」などで発売されています。

 特急「あそぼーい!」は、前面展望が楽しめる「パノラマシート」のほか、3号車のファミリー車両にはキャラクター犬「くろちゃん」がデザインされた座席「白いくろちゃんシート」や遊び場、図書室が設置されているなど、「楽しい仕掛けがいっぱい」(JR九州)の列車です。

 車内では熊本の和牛「あか牛」や阿蘇の米などを使用した「あそぼーい!」限定の「くろちゃんのあそモコ弁当」をはじめ、阿蘇地区や熊本県産の商品などが販売される予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:5月31日(火)12時0分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]