ここから本文です

U-23日本代表、7・30にU-23ブラジルとテストマッチ 手倉森監督「勝ち進まなければ対戦できない相手」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月31日(火)17時10分配信

優勝候補との対戦は貴重な経験

リオデジャネイロ五輪に出場するU-23日本代表は、7月30日にブラジル、セーハ・ドウラーダスタジアムで行われる国際親善試合でU-23ブラジル代表と対戦する。

指揮官の手倉森誠監督は「勝って勝って勝ち進まなければ対戦できない相手と本大会前にテストマッチをできることは大きいです。オリンピック本大会の初戦の重要性や難しさを考えれば、このタイミングでブラジルと対戦することはとても大事なこと」と語っている。JFA(日本サッカー協会)の公式サイトが伝えた。

開催国のブラジルは予選ではグループAに所属し、イラク、デンマーク、南アフリカと対戦する。悲願の初優勝を狙うブラジルはバルセロナで活躍するFWネイマールが、オーバーエイジ枠で加わることが決まっている。

U-23代表は6月29日に南アフリカとの親善試合を終えると、7月21日から直前合宿でブラジル・アラカジュに入る。そしてU-23ブラジル代表とのテストマッチを経て、8月5日にU-23ナイジェリア代表とのグループステージ初戦を迎える。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月31日(火)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。