ここから本文です

【MLB】復活へ好投続ける台湾出身・王建民 6戦連続無失点、シンカーは154キロ!

Full-Count 5月31日(火)13時44分配信

かつてヤンキースの先発ローテ支えた右腕、その後は第一線から姿消すも…

 台湾出身のロイヤルズ王建民投手が、30日(日本時間31日)に本拠地でのレイズ戦に登板し、1イニングを無失点に抑えた。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 かつてヤンキースの先発ローテを支えた右腕は、ここ数年、苦難の時を過ごしていた。2006、07年と2年連続19勝を挙げたが、度重なる怪我に見舞われ、2009年には右肩を手術。2010年にナショナルズに移籍後も肩の回復が思わしくなく、徐々に第一線から姿を消していった。

 2013年の第3回WBCに台湾代表として参加した後、古巣ヤンキースの入団テストを受けてマイナー契約。翌年ブルージェイズとメジャー契約を交わすも、1か月も経たないうちに戦力外となり、その後はマイナーリーグや独立リーグで投げ続けていた。

 ロイヤルズとは昨オフにマイナー契約を結び、招待選手としてメジャーキャンプに参加。オープン戦での成績が認められ、開幕ロースター入りを果たした。この日は味方打線が4点を勝ち越した直後の9回に登板し、かつての姿を彷彿とさせる時速94マイル(約151キロ)のシンカーで3者凡退とし、試合を締めくくった。

 強力ブルペンを誇るロイヤルズの中継ぎ投手として、今季は16試合に登板し、3勝無敗、防御率2.29と好投。5月は11回1/3を投げてわずか2失点。現在は6試合連続無失点登板で、混戦模様のア・リーグ中地区で首位に浮上したチームを支えている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月31日(火)14時18分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]