ここから本文です

【MLB】メッツ剛腕の一発退場劇に議論沸騰 元選手92%が反対、「球審の過剰反応」

Full-Count 5月31日(火)16時34分配信

メッツ右腕シンダーガードが、因縁のあるアットリーへの危険球で退場

 ドジャース前田健太投手が4勝目を挙げた28日(日本時間29日)メッツ戦で、相手先発シンダーガードが退場処分になったことは記憶に新しい。昨年のプレーオフでドジャース二塁手アットリーが、当時メッツの遊撃手だったテハダを危険なスライディングで負傷させたことをきっかけに、両軍の間に遺恨が生まれた。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 今回、シンダーガードが退場処分となった理由も、打席に立ったアットリーに対し、ストライクゾーンから大きく外れた背中の後ろに時速99マイル(約159キロ)の速球を投げたことだった。猛烈に抗議したメッツのコリンズ監督も退場処分になったこの一件の是非について、アメリカではまだ熱い議論が繰り返されている。現在、FOXスポーツで解説を務める元ソフトバンクのCJ・二コースキーも、FOXスポーツ公式サイトで持論を展開している。

 二コースキーがコラム内で指摘するとおり、この退場騒動については「大半の人々が、一発退場ではなく、まずは警告を与えるべきだったと考えている」。シンダーガードに退場を告げたのは球審を務めていたアダム・ハマリ審判だっが、試合後に審判団の責任者だったトム・ハリオン審判が声明を発表。ハマリ球審が背中を通したピッチングは意図的だと判断し、警告を与えるか、退場させるかの選択のうち後者を選んだ、と説明したという。

「退場させるのではなく、まずは警告するべきだった」、球審支持はわずか8%

 さらに、昨年のプレーオフの一件は今回の退場処分とは無関係だという説明もあったというが、二コースキーは「上っ面の説明」とバッサリ。この一件について、独自に92人の元選手にアンケートを採った結果を報告している。

 回答した元選手の約92パーセントは「シンダーガードを退場させるのではなく、まずは警告するべきだった」と答えているそうだ。残りの約8パーセントは球審の決断を支持している。同じくFOXスポーツで解説を務める元選手たちの意見も紹介。マーク・スイーニー(元パドレス)、ドントレル・ウィリス(元マーリンズ)、フランク・トーマス(元ホワイトソックス)は、いずれも「まずは警告が出されるべきだった」と声を合わせている。

 二コースキーは「ハマリ(球審)の過剰反応が、メッツから勝利のチャンスを奪った」と、最後まで審判団の判断に対して手厳しかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5月31日(火)19時39分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)