ここから本文です

選手は人気でも指揮官の評判は悪く…… イングランド代表サポーターはEURO後のホジソン解任望む

theWORLD(ザ・ワールド) 5月31日(火)18時50分配信

予選全勝でも評価は低いホジソン

EURO2016に臨むイングランド代表は、若手選手の急成長もあって優勝候補の一角に挙げられている。予選も全勝で突破しており、期待がかかるのは当然だろう。しかし、選手たちに比べて代表監督ロイ・ホジソンの人気は高くない。

ホジソンは国内リーグでブレイクした若手選手を積極的に招集してきたが、国内では招集が早すぎるとの意見もある。トッテナムMFデル・アリ、エリック・ダイアー、そしてマンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードと印象に残る活躍を見せた者を次々と招集するやり方に疑問の声も挙がっているのだ。

また今回の代表チームは豪華な攻撃陣に比べて守備に不安があると言われているが、ホジソンはセンターバックを3名しか招集していない。英『Daily Mirror』も攻撃に意識が傾きすぎている部分があると感じているようで、守備が崩壊しないか不安があるのも事実だ。ホジソンは2014ワールドカップでグループステージ敗退に終わったこともあり、国内での評判もそれほどよくない。

同メディアのアンケート調査ではEURO2016後もホジソンに代表を率いてほしいと答えた人は32%、大会の結果を見てから考えたいという人が28%、そして指揮を執ってほしくないと答えた人が40%という結果となった。ホジソンはEURO予選では盤石の戦いを見せたものの、今の評価を覆すには本大会で少なくとも準決勝には進出する必要があるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月31日(火)18時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]