ここから本文です

マンU、超新星ラッシュフォードと期待の若手DFキャメロンの2選手と新契約を締結

theWORLD(ザ・ワールド) 5月31日(火)19時20分配信

ユナイテッドの将来を担う2選手

30日、マンチェスター・ユナイテッドはFWマーカス・ラッシュフォードとDFキャメロン・ボースウィック・ジャクソンの2選手に対して、新たな契約を締結したと発表した。契約期間は2選手とも2020年6月までとなっている。

さらに同クラブは公式サイトで2選手のコメントも伝えている。

昨季終盤に彗星の如く現れ、リーグ戦11試合で5ゴールを挙げる活躍を見せたラッシュフォードは「新たな契約にサインできて嬉しい。ユナイテッドファンであった僕にとって、トップチームでプレイできるのは夢のようだよ。僕の力を証明できるチャンスを与えてくれたクラブには感謝している。世界中で知られるビッグクラブの一つでプレイできることは、僕にとっても、家族にとっても多くのことを意味しているんだ」とクラブへの感謝を述べた。

ラッシュフォードと同様に、昨季トップチームデビューを果たし、将来の活躍が期待されるボースウィック・ジャクソンは「僕はユナイテッドで育ち、これまで楽しみながら過ごしてきた。昨季はトップチームデビューを飾れて信じられないくらい驚いたし、僕や家族の夢が叶ったんだ。ユナイテッドの選手として成長する上でも、良い経験になったよ。僕はこれからも努力し続けるし、監督やコーチの言うことをよく聞いて日々のトレーニングで成長してみせるよ」と話し、躍進を誓った

新指揮官ジョゼ・モウリーニョのもとで、来季彼らはどんなプレイを見せてくれるのだろうか。来季も若手選手の力が必要となる試合はあるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月31日(火)19時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。