ここから本文です

オバメヤンがエジルのアシストを増やす!? ガボンの先輩が力説「彼の行き先はアーセナルだ」

theWORLD(ザ・ワールド) 5月31日(火)20時30分配信

オバメヤンはどこへ行く?

多くの妄想や推測、そして希望が飛び交っているが、それはピエール・オバメヤンによる今季の見事な働きぶりを示すものだと言えるだろう。ガボン代表における彼のチームメイトであるダニエル・クザンもまた、ドルトムントのストライカーが辿るであろう未来を予測している。

今季のオバメヤンが見せた戦績は、目を見張るほど素晴らしい。ブンデスリーガにおいて31試合に出場すると25ゴールを挙げ、ドルトムントの貴重な得点源として君臨。もちろんその圧巻のパフォーマンスが多くのビッグクラブを惹きつけ、レアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッド、そしてマンチェスター・シティといった名門が彼の獲得を検討中だと噂されている。しかしオバメヤンを良く知るガボン代表のベテランストライカー、クザンは“優秀な後輩”の未来を次のように予言した。英『METRO』が同選手のコメントを伝えている。

「来季オバメヤンがどこでプレイするか? アーセナルだ。なぜならあのクラブはとても素晴らしいプレイを見せているし、タイトルのために新たなFWを必要としてる。それにもしもオバメヤンがメスト・エジルと共にプレイすれば、最高にマッチするだろう。オバメヤンなら上手くいくと思うよ」

もちろん最終的に移籍するか否かを決めるのはオバメヤン本人であり、周囲は妄想を楽しんでいるにすぎない。今や押しも押されもせぬ人気銘柄となったガボン人アタッカーだが、夏にはいかなる決断をくだすことになるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:5月31日(火)20時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。