ここから本文です

三浦春馬、NYの夜を女装で徘徊

Lmaga.jp 5月31日(火)20時31分配信

日本人キャスト版と本場アメリカからの来日版の2種類の公演が行われるブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』。その日本版に出演する小池徹平と三浦春馬の2人が、大阪市内で揃って会見を行った。

見つめ合い、すでに役に入っていそうな2人

2013年に本場アメリカで初めて同作品を観たという三浦は、「(この舞台が)もし日本に来たら、ドラァグクイーンのローラ役をぜひやりたいと現地で思った」といい、「今までパワフルでインパクトの強い、振り切った役どころをやったことがなくて、いつか挑戦してみたいと思っていたんですよ。ニューヨークでこの素晴らしい作品とキャラクターに出会ってしまって、日を増すごとにローラに惹きつけられた」とその理由を話した。

今ではヒールの高いブーツに慣れるため、家のなかで履いて試しているという三浦。先日渡米した際に、「まだ日本で外に出たことは無いのですが、1カ月間ニューヨークにいたので、夜な夜なドラァグクイーンの格好をしまして・・・」と打ち明けると、小池が「え、マジで!? 1人で?」と驚く場面も。その姿で友人とパーティーに出かけるなどしていたと言い、記者からの「慣れましたか」という問いには、笑顔で「楽しかったです」と答え、肝が据わった一面を見せた。

大阪公演は8月13日~22日まで「オリックス劇場」(大阪市西区)で。チケットはS席13.500円ほか、6月11日から各プレイガイドで発売される。なお来日版は大阪で11月上演予定。

最終更新:5月31日(火)20時31分

Lmaga.jp