ここから本文です

第100回インディ500を制したロッシ。賞金2億8300万円を手にする

オートスポーツweb 5月31日(火)17時8分配信

 29日に決勝レースが行われた第100回インディアナポリス500マイルレースは、ルーキーのアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が制す劇的な展開となった。翌日30日の表彰式でロッシは、賞金2,548,743ドル(約2億8300万円)を手にした。

 オーバル2戦目のルーキー、アレクサンダー・ロッシが記念すべき第100回のインディ500を制した。昨年F1デビューし5戦に参戦するも、レギュラーシートを得ることができずアンドレッティ・オートスポートからインディカーに参戦していた。

 今年は序盤からトップが入れ替わる展開でレースは進み、リードチェンジは史上2番目に多い54回を記録。リードラップを記録したのは14人という混戦となり、最後は燃費走行を成功させたロッシが4.4975秒差で逃げ切りインディ500ウイナーに輝いた。

 ルーキーがインディ500を制したのは、2001年のエリオ・カストロネベス以来。アメリカ人ルーキーでは、1928年のルイ・メイヤー以来だ。

 翌日には例年通り表彰式が開催。33人のドライバーに賞金が授与された。今年の賞金総額は、13,273,253ドル(約14億7600万円)。優勝したロッシはルーキー・オブ・ザ・イヤーの5,000ドルを含む賞金2,548,743ドル(約2億8300万円)を手にした。

 2位に敗れたカルロス・ムニョス(アンドレッティ・オートスポート)は、788,743ドル(約8775万円)。3位のジョセフ・ニューガーデン(エド・カーペンター・レーシング)は、574,243ドル(約6400万円)。リタイアに終わり26位となった佐藤琢磨(AJフォイト)は、338,243ドル(約3800万)だった。

[オートスポーツweb ]

最終更新:5月31日(火)17時9分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]