ここから本文です

レディヘ&ダイヴ&デフヘヴン好き必聴! 日本のシューゲバンド・The Florist 新作リリース

Billboard Japan 5月31日(火)20時0分配信

 今村寛之(元TRIBAL CHAIR/vo,g)を中心に結成された4人組バンド・The Floristが、2016年6月22日にニューアルバム『Blood Music』をリリースする。

 The Floristは2012年結成。今村寛之、須長英幸(ex.TRIBAL CHAIR/b)、椎名洋輔(ex.P2H/g)、渋谷徹(NATURE LIVING/dr)の4人でシューゲイザーを軸に美しく儚い轟音を鳴らしてきたが、2015年に渋谷徹が脱退。そして本作リリースにあたり、以前から活動を共にしていた蛭間孝充(ex.The Feather Side/dr)が加入することとなった。

 本作ではダイヴ(DIIV)やデフヘヴン(Deafheaven)など、2010年代海外インディ・シューゲイズ・ニューウェーブにリンクしたサウンドメイクから、コールドプレイ(Coldplay)などに通じるスケール感、初期レディオヘッド(Radiohead)を彷彿とする変拍子の多用など、The Floristにしか鳴らすことのできない音楽を表現。アルバムタイトル『Blood Music』には、この作品が完成するまでのメンバーの絆や葛藤が血や涙のように結晶となったThe Floristだけの音楽、という意味が込められているという。

 なお、ニューアルバムから先行シングル「Disintegration」が5月31日より配信開始となった。ニューアルバムの1曲目を飾る、シューゲイザーファン必聴の曲となっている。



◎NEWアルバム『Blood Music』
2016/06/22 RELEASE
2,300円+税 FLRT-003
<収録曲>
01. Disintegration
02. Sadness Like Water Raining Down
03. Love and Hate
04. Halcyon
05. Romance
06. Untitled
07. Marigold
08. Ghosts
09. Sweet Decadence
10. Weird Dreams
11. The Last Dance

◎先行シングル「Disintegration」
2016/05/31 DIGITAL DISTRIBUTION
iTunes:http://apple.co/1Xage9F
amazon MP3:http://amzn.to/1Xageqb

最終更新:5月31日(火)20時0分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。