ここから本文です

ジャスティン・ビーバー、下着姿で大胆セルフィー

クランクイン! 5月31日(火)14時39分配信

 ドレッドヘアを短くカットし、男らしさが増した人気歌手ジャスティン・ビーバーが、鍛え上げたボディを誇示するように下着姿で股間を掴む大胆セルフィーを自身のインスタグラムに投稿し話題になった。

【関連】「ジャスティン・ビーバー」フォトギャラリー


 鏡の前で携帯を持ちポーズを決めているジャスティン。身に着けているダークブルーの下着は、モデルを務めるカルバン・クラインのものらしい。キャプションにはシンプルに「mycalvins」のハッシュタグのみだ。2015年1月にキャンペーンモデルになって以来、同ブランドからは沢山の下着が送られてくるという。

 「カルバン・クラインの下着が段ボールに入って何箱も送られてくるんだ。2度穿くことはないよ。有り余るくらいあるからね」と、大量の下着があるために1度穿いたものを再び穿く必要がないことを、ジェームズ・コーデン司会のトーク番組で語っていたとPeopleが伝えた。

 ジャスティンの写真は投稿から3日間で210万件の「いいね!」を突破。「何てこと!」からハートマーク、スマイルマーク、若いファンに対して不適切であることを指摘するものまで、2万6000件以上のコメントが寄せられている。

最終更新:5月31日(火)14時39分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。