ここから本文です

清原被告に懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決

ベースボールキング 5月31日(火)13時50分配信

懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決

 覚せい剤取締法違反で逮捕・起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)の判決公判が31日、東京地方裁判所で行われ、懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決が言い渡された。

 執行猶予付きの判決については、報道などによってすでに厳しい社会的制裁を受けていることなども考慮されたと見られている。閉廷後、清原被告は深々と頭を下げ、「申し訳ございませんでした」と謝罪し、退廷したという。

これまでの経緯

 清原被告は今年2月、自宅マンションにて覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕。同月23日に覚せい剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕された。

 逮捕から45日目の3月17日に保釈され、その直後、医療施設に入院。今月17日に開かれた初公判で、事件後初めて公の場に姿を見せた。

 初公判で、「プロ野球を目指す子どもたち、野球界も裏切り、申し訳ない」と涙ながらに謝罪した清原被告。覚せい剤の使用理由については、「現役時代はストレスや不安を野球で解決できたが、引退後は解決方法がなくなり、薬物に手を出した」と説明し、起訴内容については「間違いありません」と認めていた。

 今回、検察側は懲役2年6カ月を求刑。弁護側は執行猶予のついた判決を求めていた。

BASEBALL KING

最終更新:5月31日(火)14時44分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。