ここから本文です

中日・小笠原、ソフトB相手に堂々デビュー! 7四球も5回1失点の力投

ベースボールキング 5月31日(火)20時27分配信

勝利投手の権利を持って降板

 中日のドラフト1位左腕・小笠原慎之介投手が31日、ソフトバンクとの交流戦(ヤフオクドーム)にプロ初登板初先発し、5回1失点の力投を見せた。

 小笠原は初回、1番牧原、3番柳田を空振り三振に仕留めるなど三者凡退の好スタート。2回は一死から四球を与えたが、後続をしっかりを抑えた。

 しかし1-0で迎えた3回、先頭打者の四球から二死三塁のピンチを招くと、好調な2番今宮に中前適時打を許し同点。2-1の5回は三者連続四球で無死満塁のピンチを招いたが、前の打席で痛打されている今宮を三ゴロ併殺に仕留めた。

 続く柳田には四球を与え再び満塁とされたが、4番内川を中飛に抑えピンチ脱出。3回以降は制球に苦しみながらもキレをある直球とチェンジアップを軸に、5回92球、1安打4三振7四球の内容で、勝ち投手の権利を持って降板した。

 打線はバンデンハークを相手に、3番ナニータの3号ソロで先制。1-1の4回は、2番亀沢が右犠飛を放ち再び勝ち越した。中日は2-1の6回から、小笠原と同じく新入団のドラフト4位・福がマウンドに上がった。

BASEBALL KING

最終更新:5月31日(火)20時27分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報