ここから本文です

香川との“共存”望む清武「同じ意識、イメージを持っている」

ゲキサカ 5月31日(火)20時53分配信

 日本代表FW本田圭佑(ミラン)が6月3日のキリン杯準決勝・ブルガリア戦(豊田ス)を欠場した場合、その“代役”はだれになるのか。本田と同じ右FW候補として招集されているFW小林悠(川崎F)はもちろんのこと、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)の右サイド起用、あるいはトップ下候補のMF清武弘嗣(ハノーファー)をサイドに出す可能性もある。

 ハリル体制ではMF香川真司(ドルトムント)とトップ下のポジションを争っている清武。バヒド・ハリルホジッチ監督は26日のメンバー発表会見で「本田や香川、清武。そういった選手が今、我々のキーになっている」と、本田、香川とともに清武の名前を挙げ、期待の大きさをうかがわせた。「香川と競争してほしい」としながらも、「規律を覚えれば、香川と清武を同時に使いたいとも思っている」と将来的なプランを明かした。

 本田がケガで欠場となれば、そのオプションを試すには絶好の機会でもある。清武とのポジション争いについて香川は「監督も両方を試して、どちらがいいかを見ていると思う。一つのポジションしかないので、しっかり勝ち取れるようにしたい」と意気込む一方、同時にプレーすることに関しても「そういうバリエーションもあると思う。出たらお互いの良さを出しやすくなる。彼は味方を生かすアシスト能力が高い。キックの精度も含めてチームの武器になる」と歓迎する。

 最近5試合は香川と清武が交代で先発しており、ハリルジャパン発足以降、2人が同時に先発した試合はない。アギーレジャパン時代も同様で、2人が同時先発したのはザックジャパン時代の13年11月19日に行われたベルギー戦(3-2)までさかのぼる。

 それでも清武は「同じ意識、イメージを持っている選手が(香川)真司くん。一緒に出られる試合は貴重だし、楽しみ」と、不安どころか、待ち遠しく思っている。「一緒に出た試合は結果が欲しいし、いいサッカーをして、最終的には勝ちたい」と力説。本田が欠場する可能性についても「代表にとってすごく重要な選手だけど、(本田が)出なかった場合に崩れたら意味がない。だれが出てもレベルの高いパフォーマンスを維持しないといけない」と力強かった。

最終更新:5月31日(火)20時53分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]