ここから本文です

イスラボニータ栗田博師「東京も距離も合っている」/安田記念共同会見

netkeiba.com 6月1日(水)15時18分配信

 一昨年の皐月賞馬イスラボニータ(牡5・美浦・栗田博憲)が、蛯名正義騎手を背にウッドチップコースで追い切った。追い切り後、管理する栗田調教師の共同記者会見が行われた。

(前走の大阪杯・GII・5着を振り返って)
「スタートも今ひとつでしたし、内にササって少し行儀が良くなかったですね」

(ここまでの調整過程は?)
「気分転換のために放牧に出しまして、気持ちをリフレッシュさせて帰厩しました」

(帰厩してから調教で工夫していることは?)
「今までは前の馬を追いかける距離が短めでしたが、今回は前の馬と間隔をあけて、その馬をしばらく見ているような調教にしました。それが集中力に結びついて、長く良い脚を使えたら嬉しいです。馬を追い抜いてしまうと気を抜くところがあるものですから、できるだけ集中できればと工夫をしたつもりです。

 1週前追い切りでも、ギリギリまで追い出すタイミングを待って、ゴールが近くなっても並ばなくても良いから馬を集中させるような感じで乗ってほしいと蛯名騎手には話をしました。その通りの調整ができました」

(今日の最終追い切りは?)
「今日も先週と同じような感じですが、できるだけ距離をあけて追走して、前をしばらく射程圏に入れるような感じにして最終的には馬体を併せていければという内容でした」

(4勝している東京の舞台、そして新馬戦以来となる東京のマイルについて)
「東京も距離も合っていると思います。去年も実際、中山記念の後にこのレースを使いたかったのですが、脚をぶつけて使えなかった経緯がありました。今年は頑張ってくれると思います」

(希望する枠順は?)
「東京の1600は内外そんなに意識しなくても良いでしょう」

(最後に意気込みを)
「何かを掴みたいなということで一生懸命努力していますので、応援して頂ければ嬉しいです」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:6月1日(水)15時18分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]