ここから本文です

「レッドブル・エアレース」の見どころは? 3選手が大阪で会見

THE PAGE 6月1日(水)14時56分配信

大阪・堂島で会見

「レッドブル・エアレース」の見どころは? 3選手が大阪で会見

 究極の三次元モータースポーツ「Red Bull Air Race World Championship(レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ)2016年」のシーズン第3戦「レッドブル・エアレース千葉2016」がこの4、5日の両日、千葉市の幕張海浜公園で行われる。これに先立ち、このほど「堂島リバーフォーラム 」(大阪市福島区)で記者会見が行われた。昨年は約12万人が熱狂した世界最速のモータースポーツ・シリーズだけに、登壇したパイロットらはそのおもしろさや意気込みを語った。

レッドブル・エアレース、フライトの様子

大阪から第3戦をアピール

 この日、記者会見に登場したのは、ブライトリング・レーシングチームのナイジェル・ラム氏(59=イギリス)とフランソワ・ルボット氏(46=フランス)、そして室屋義秀氏(43)。3人がそろうのは極めて珍しく、大阪から第3戦をアピールした。

 まずレッドブル・エアレースとは何か。ちょっと説明しておこう。これは世界最高の飛行技術を持つレースパイロットたちが、最高時速370キロ、最大重力加速度10Gのなか、操縦技術や知力、体力、精神力の限りを尽くして3次元でタイムを競うもので、FAI(国際航空連盟)が公認する世界最速のモータースポーツ・シリーズだ。

 2003年に第1回大会が開催され、2005年から世界選手権としてスタート。2010年まで毎年開催。2011年から休止となり、3年のブランクがあったものの、安全面やルールをさらに向上させて2014年に再開。2014年と2015年それぞれ7か国、8か所でレースを開催している。

 昨年5月には2日間、千葉県幕張の海岸を中心に開催されて、延べ12万人の入場者があった。

昨年のレースの感想は?

 登壇者の1人、 室屋選手は2009年にこの大会にアジア人で初めて参加したパイロットで、今年も注目を集めている。また、ブライトリング・レーシングチームからは、2014年シーズンのチャンピオンであるラム選手、フランス空軍の元エースパイロットで2013年の世界曲技飛行選手権の覇者、ルボット選手の2名が参加する(2016シーズンは14人のパイロットが参加する)。

 昨年の千葉戦について、感想を聞かれると、ラム選手は通訳を通して「日本で初めてのレース、グレートレースであった。非常に熱心な観客の皆様の情熱を感じた」、ルボット選手は「非常に困難なレースだった。エンジンの問題が予選の時に起こった。今年は私のスキルをつぎ込んで全力で向かっている」と答えた。

 さらに室屋選手は「日本で初開催で、盛り上がったレースだった。レースができたので満足だった。今年は昨年よりずっといい体勢で臨める。昨年は12万人もの入場者があり、びっくりしました」と話していた。

 また、常に10Gのトレーニングもかかせないという。ラム選手は「呼吸法のテクニックがある」と説明し、ルボット選手は「煙草を吸わない、アルコールを控える。たくさん寿司を食べる(笑)。昨日、大阪の寿司のレストランに連れていってもらった。おいしかった」と笑顔を見せ、室屋選手も「呼吸法のトレーニングです。Gもかけようによっては失神します」とコメントした。

1/2ページ

最終更新:6月1日(水)15時0分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]