ここから本文です

かれんに水無月彩って ラベンダー見頃迎える 胎内

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 6月1日(水)13時20分配信

 紫や白色のラベンダーの花が風に揺れ、爽やかな香りが周囲を包み込む-。胎内市横道のラベンダー畑が見頃を迎えている。31日早朝には今年初めての摘み取り作業も行われた。

 ラベンダーを栽培しているのは同所の馬場洋子さん(63)。北海道のラベンダー畑を訪れて感激し、10年前から取り組んでいる。5アールの畑に5種類、約300株を栽培。摘み取った花は、ポプリやリース、枕の上に置いて香りを楽しむ首枕などに加工し、販売している。

 31日の摘み取り作業には胎内市鍬江地区で活動している地域おこし協力隊の若津絵美さん(31)も参加。若津さんは「朝からラベンダーの香りを楽しめた」と笑顔。馬場さんは「ラベンダーを通じて交流の場にしたい」と語った。ラベンダーの花は早咲きと遅咲きがあり、7月中旬まで楽しめる。問い合わせは胎内市観光協会、0254(47)2723。

最終更新:6月1日(水)13時20分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ