ここから本文です

オリラジ中田 舛添要一都知事の女性遍歴に呆れ「知事になるべき人じゃない」

リアルライブ 6月1日(水)11時30分配信

 1日放送のTBS「白熱ライブ ビビット」でオリエンタルラジオの中田敦彦が、舛添要一都知事の女性遍歴に呆れた。

 “公私混同疑惑”の渦中にある舛添都知事。“政治とカネ”の問題で世間から猛バッシングを浴びているが、今現在注目されているのが女性問題。番組ではこの点をフィーチャーし、紹介した。

 番組によると、舛添氏は1970年代後半にフランス人女性と結婚したが、その後離婚。1986年には現職の国会議員と2度目の結婚をしたが、不倫などが原因で離婚。この当時に不倫している愛人Aとの間には子供1人、愛人Bとの間には2人の子供をもうけており、そして今現在、1996年に3度目に結婚した妻・雅美さんとの間には2人の子供をもうけていると説明。

 “良きパパ”として、そして“ベッキー騒動”以来、不倫に対して厳しい意見を述べてきた中田は、「もともと都知事になるべき人じゃないでしょ、どうみても」と怒りを通り越して、もはや呆れ気味。

 続けて中田は、「愛人は許さない、不倫も許さない」とコメント。すかさず、司会者の真矢みきから「そこに子供さんがいらっしゃる」と補足されると、「もう許せない!」とシャウトした。

 最後にも中田は「もう、むちゃくちゃでしょ!!」と半笑いしながら指摘していた。

最終更新:6月1日(水)11時30分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。