ここから本文です

台北で38.7度=6月としては観測史上最高 猛暑日続く/台湾

中央社フォーカス台湾 6月1日(水)15時42分配信

(台北 1日 中央社)中央気象局によると、1日午後2時46分、台北で最高気温38.7度を観測した。同地では日本統治時代の1896(明治29)年8月から気象観測が行われているが、同月としては観測史上最高。

台北は先週から南西の風が流れ込み、6日連続で日中の最高気温が35度を超える猛暑日となっている。これまで同月の最高気温は1954年と2001年に観測された37.8度だったが、記録を大幅に塗り替えた格好だ。

中央気象局では熱中症や紫外線対策を呼びかけている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:6月1日(水)15時42分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。