ここから本文です

中国たばこ事情、電子たばこ愛好家はいない? 国営の煙草会社は大儲け

ZUU online 6月1日(水)10時10分配信

5~6年前なら中国は「喫煙者天国」だった。禁煙の場所などどこにもない。一流ホテルや、ビジネスビルのトイレにも、個室ごとに灰皿が備えつけられていた。愛煙家にとってここでの一服は至福の時間であった。

それが大都市を中心に禁煙スペースが増殖し始め、禁煙結婚式まで登場した。日本同様、喫煙者の肩身は急に狭くなっている。

■喫煙者データ

国家衛生計画委員会は2015年6月30日の記者会見で「中国居民栄養及び慢性病状況報告」を発表し、その中で喫煙の状況に触れた。

それによると中国の喫煙者数は3億人を超えている。15歳以上の喫煙率は28.1%だが、男性に限れば52.9%となり過半数を超える。

続いて同年12月28日には、中国疾病予防コントロールセンターがデータを発表している。成人喫煙率27.7%、成人男性52.1%とほぼ同様のな数値だが、ここでは5年前の2010年比で1500万人増え、3億1600万人となったことを強調していた。

これは全国1万5095人のサンプル調査から推計したデータのようだ。

しかしどうも地方に偏っているのではないか。喫煙者増加も誤差の範囲内だろう。大都市の白衿(ホワイトカラー)では、禁煙する人が増え、どう見ても成人男子の喫煙率は50%を大きく切っている。この現象を検討する前に、中国のたばこ業界を概観してみよう。

■2015年売れ筋トップ10ランキング

まずは売れ筋商品から。以下のようになっている。

1位 中華(国を代表する「国烟」。1950年発売。上海煙草集団有限責任公司)
2位 玉渓(雲南省・紅塔煙草責任有限公司、1956年創業)
3位 雲烟・紅河(紅雲紅河集団)
4位 芙容王・白砂(1994年発売、湖南中烟工業責任有限公司)
5位 黄鶴楼(湖北中烟工業公司)
6位 双喜・紅双喜(1906年発売の「100年品牌」、広東中烟有限公司)
7位 利群(浙江中烟工業有限責任公司)
8位 南京・蘇烟(2001年発売、江蘇中烟工業責任有限公司)
9位 矯子(1995年発売、川渝中烟工業責任有限公司)
10位 黄山(安徽中烟工業有限公司)

“中華”が中国を代表する「国烟」であるのは間違いない。数年前まではプレゼントの定番だった。定価は1個78元、48元と2種類ある。78元は1400円に近く相当に高価である。

ちなみに日本人喫煙者の間でセブンスター、メビウス系の軽い味として好評の「中南海」はランク外だった。1970年発売の比較的古いブランドで、上海煙草集団の北京巻烟廠において生産されている。

■中国煙草総公司は利益ナンバーワン

たばこ産業の元締めは国家煙草専売局である。その生産部門として1982年、中国煙草総公司が設立された。改革・開放路線により、行政管理部門と生産部門とを分離した。

その後2000年前後には国有企業改革があり、上のランキングに見るように各省に「中烟工業責任有限公司」が設立されている。

しかし、相変わらず元締めの力は強大で、専売局と煙草総公司の人事は同体である。

さらに各省の中烟工業公司は、原料の仕入れ、国内販売、輸出、と総公司の世話にならねばならない。

輸入たばこの締め出しにも力を発揮する。その総公司は資本金132億人民元、従業員1万2000人。売上はネット辞書で見てもわからない。

しかし2014年、同社は412億3500万元の利益を国家に上納していた。これは国有資産監督管理委員会直属の国有中央企業の中で最大だ。税引き後利益の25%相当なので、1649億4000万元もの税引き後利益を上げていたことになる。中国煙草総公司とは中国で最も儲けている国有企業なのである。

■官制組織が勧める禁煙活動

中国の煙草パッケージには、「喫煙は健康に有害です。できるだけ早く禁煙しましょう。」と印刷されている。こうした活動を進めているのは、「中国控制吸烟協会」という官制組織である。1990年に設立されていたが、活動を活発化させたのは、2004年、国家工商管理局と衛生局から「高度な協賛」を得られるようになってからだ。活動実績を見ると、

(1) 映画・演劇界に対し、無烟映画作品の製作を支援。
(2) 煙草広告の監視、煙草企業の販促活動と公益賛助(寄付)活動の指導。
(3) 控烟ネットと控烟雑誌の創立

などとあり、やはり官制の匂いは強い。煙草会社にとっては、広告費が寄付に変わろうと経費には変わりない。その上で莫大な利益を計上しているわけだ。

戒烟(禁煙)用品トップ10ランキングというWEBサイトもチェックしてみた。電子たばこや貼付式タイプだが、販売量はたかが知れている。実際、筆者は中国で電子タバコを利用している中国人を見たことはない。

結局、ホワイトカラーは自らの意志でたばこを控えたのだ。自衛策の一環として。情報力のある彼らは中国の危険度をよく承知している。

PM2.5やPM10の政府発表数値を真に受けている人は少ない。さすがに自分でチェックしている人はいないが、関心は非常に高い。

残留農薬もしかりである。これにも大変な関心が集まっている。日本の食品メーカー駐在員に聞くと、日本で有機農業の修行をして、帰国後に起業する中国人が引きも切らないという。

高度成長という宴が終わり、ホワイトカラーたちは「中国とは自分の身は自分で守らなければならないところだった」と改めて思い返しているのだろう。

彼らは一体どこへ向かおうとしているのか? これは重要経済指標に劣らない、現代中国の焦点でもある。(高野悠介、現地在住の貿易コンサルタント)

最終更新:6月1日(水)10時10分

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]