ここから本文です

リアルスティール福永「騎乗依頼に応えたい」/安田記念共同会見

netkeiba.com 6月1日(水)18時45分配信

■リアルスティールに騎乗予定の福永祐一騎手

――ドバイでGI馬になって帰ってきました。その後この中間、先週今週と調教で騎乗されていますが感触はいかがですか?
福永「デビュー当時からずっと乗せてもらっていたので、ジョッキーとして成長過程をいちばん近くで見させていただきました。トモの入りがたくましくなって、たぶんこういう成長をしてくるんだろうな、とイメージしていた走りになってきていると思います。

 1週前追い切りではある程度強い負荷をかけるという趣旨はあったんですが、前半のペースが少し速かったので全体の時計としてはやや遅めでした。直線では負荷をかけて乗ってはいたんですけど。今週は矢作調教師から『いつもより強めの負荷をかけたい』という旨だったので、僕もそのほうがいいと思いました。いつも最終追い切りはもう少し遅めのタイムで馬なり強めくらいでやるんですけど、今回はある程度最後までやりました。タイムも速かったですし、いつもよりは最終追い切りとしては強い負荷をかけました」

――感触は上々ですか?
福永「ひじょうにコンディションはいいと思いますし、走るフォームもよくなってきています。体つきも筋肉量が増えて、マイルに対応できる体に近づいてきています」

――比較的長い距離を走ってきましたが、今回はマイル。戦い方は変わってきますか?
福永「そうですね、まぁもともと2000m前後が適していると思っていましたからね。1600であれば、あの馬が力を発揮しやすい距離、コースだと思います。左回りもいいですし、コーナーのかたちもこの馬にあっていると思います。充分いい走りができると思います」

――クラシックでは悔しい思いをされたと思います。これからどんどん勝たせてあげたいですね
福永「そうですね。自分が乗ってGIのタイトルを取れなかった馬がドバイで強い勝ち方をして、またこうやって騎乗依頼をいただきましたんでね。そういった依頼をくださった方々の気持ちに応えたいという思いがあります。やっぱりあの馬でGIをとりたいという気持ちも強いんでね。

 今回、こうやってチャンスをいただけたので、相手は本当に強力な相手になりますけど充分チャンスがある馬だと思いますし、なんとかいい結果を出せるように頑張りたいと思います。馬自身も完成の域に近づいてきていると思いますし、これからは本当に結果のみを求めていく馬だと思いますから。そういった意味でもこのチャンスを生かして、一緒にGIタイトルをとりたいな、と思います」

――東京マイルの乗り方のポイントは?
福永「馬によってそれぞれ違うと思いますが、リアルスティールに関してはスタートも上手な馬ですし、ほとんど何も不安はないですね。もちろん、後方一気というかたちにはならないでしょう。スタート次第というところはあると思いますが、ある程度、いいスタートが切れたのであれば、いいポジションで競馬したいですね。馬群も全然問題ないです。ほんと、スタートくらいですね。スタートだけ失敗したくないな、と思うくらいですね」

――最後にひとことお願いします
福永「はじめての距離になりますが、前走は1800mでいい競馬をして強い勝ち方をしています。だから、具体的な不安はないですね。折り合いは全然問題ないです。むしろ、出していってもかからないだろうな、というくらいの感覚です。昨年の年度代表馬相手になりますので、かんたんなレースではないと思いますけれど。ひじょうにいいコンディションで臨めますし、この舞台はこの馬にあっていると思いますので。ひじょうに楽しみにしています」

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:6月1日(水)18時45分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ