ここから本文です

サトノアラジン川田「トビの大きさが最大の武器」/安田記念共同会見

netkeiba.com 6月1日(水)19時54分配信

■サトノアラジンに騎乗予定の川田将雅騎手

――前回、京王杯での感触を教えてください
川田「本当に素晴らしい馬です。調教で初めて乗せていただいたとき、実感しました。1400mに対応できるか心配だったんですが、うまいこと対応してくれて。強い内容で勝ってくれたので改めていい馬だなと思いました。

 ゲートはどうしてもゆっくり出る馬なので、その分終いを重点に乗りました。道中はいい雰囲気でしたし、4コーナーの手ごたえは抜群によかったです。あとは追い出しや抜け出すタイミングに気をつけて乗りました。終いは時計的には他にも速い馬もいましたが、あの位置からあれだけ楽に差し切ってくれて本当に凄い脚をもっている馬だなと思いました」

――中2週おいて、今週は調教にも騎乗されました
川田「様子をみながら必要だと思ったらやってくれという話でした。すごくいい雰囲気で追い切りを終えることができたので、それが何よりです。レース間隔が詰まっていますし、目いっぱいでやるというよりは息を整えなおすというイメージで乗りました」

――今回はマイル戦になります
川田「1400より1600のほうがこの馬にとってはレースがしやすくなるのは間違いないと思います。より流れに乗りやすいだろうと思います」

――今回はどんなレースを思い描いていますか?
川田「何よりも、自分のリズムで走ることだと思います。急かしても、前々で競馬できるタイプではありませんから。何よりも道中はリズムよく脚をためる競馬ができるかだと思います」

――川田騎手自身は連覇がかかっていますね
川田「そうですね。昨年は本当に素晴らしい馬(モーリス)に乗せていただきました。その馬はさらにその後、素晴らしい成績をあげていますから。その素晴らしい馬にチャレンジする機会をいただいたので頑張ります」

――意気込みのほどを伺えますか?
川田「距離が1600に延びるのはプラスに間違いないです。自信を持って立ち向かっていきたいと思います。トビのきれいな馬ですし、その分ゲートがどうしてもゆっくりになってしまうんですけども。それを補って余りある末脚を使いますから。そのトビの大きさはサトノアラジンの最大の武器です。なんとか一番いい結果を得られるように、いい競馬ができればと思っています」

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:6月1日(水)19時54分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ