ここから本文です

入江 陽、ピアノトリオ編成での名京阪ツアーを開催

CDジャーナル 6月1日(水)16時58分配信

 butajiとのコラボレート作『探偵物語』、粗悪ビーツとの7inchヴァイナル「激突!~愛のカーチェイス~」を挟み、大谷能生プロデュースによる傑作『仕事』以来のニュー・アルバム『SF』を今年1月にリリースした“ネオソウル歌謡”シンガー・入江 陽が、トリオ編成での名京阪ツアーを6月10日(金)よりスタート。

 同ツアーは6月10日(金)愛知・名古屋 K.D ハポン、11日(土)京都・木屋町 UrBANGUILD、12日(日)大阪・本町 HOPKENの3公演。入江 陽(vo, pf)、吉良憲一(cb / liiil)、藤巻鉄郎(dr / GROUP)のピアノトリオ編成で、オリジナル楽曲はもちろん、J-POPや歌謡曲のカヴァー、童謡なども入江アレンジで演奏予定とのこと。来場者特典として、CD-Rの配布も決定しています。

 初日名古屋公演は最新作『よかんのじかん』が話題のテライショウタ(NICE VIEW, LOCH NESS)率いるGofishトリオ(テライショウタ / 稲田 誠 / 黒田誠二郎)との2マン・ライヴ。京都公演は中川裕貴バンド(中川裕貴 / 菊池有里子 / 横山祥子 / 出村弘美 / 天野 奏)との2マンとなっています。大阪公演の詳細は未定。詳しくは入江 陽オフィシャル・サイト(irieyo.com)にてご確認ください。

最終更新:6月1日(水)16時58分

CDジャーナル