ここから本文です

秋葉原“ディアステージ”から飛び出した個性豊かな6人組、妄想キャリブレーション/インタビュー1

エキサイトミュージック 6月1日(水)23時45分配信

 
■妄想キャリブレーション/New Single『ちちんぷいぷい♪』インタビュー(1/3)

【この記事の関連画像をもっと見る】

「新しいものを取り入れて、どんどん進化していきたい!」

秋葉原のライブ&バー“ディアステージ”から飛び出した個性豊かな6人組、妄想キャリブレーション。アイドルになりたい夢や妄想にピントを合わせる(キャリブレーションする)とい名前の由来の彼女たち。数多くのライブを重ね、6月1日にソニーミュージックレコーズよりシングル『ちちんぷいぷい♪』をリリースする。最新のEDMサウンドに乗せて、内気な女子の気持ちを歌う斬新なこの楽曲のこと、そしてレコ発ワンマンライブのことについて話を訊いた。
(取材・文/西沢フミタカ)

「妄想キャリブレーションというジャンルを確立できるようにしていきたい」(桜野羽咲)

――さっそくですが、妄想キャリブレーションの名前の由来は?

胡桃沢まひる:私たちは秋葉原ディアステージというコンセプトカフェの出身なんです。そのディアステージで“アイドルになりたい“っていう夢や妄想をキャリブレーションしていくっていうところから始まっているんです。キャリブレーションというのは英語でカメラのピントを合わせる補整や調整って意味があるんですけど、自分の夢や妄想を現実にピントを合わせて、アイドルになりたいっていう夢を叶えていきたいっていう意味が込められています。



――いよいよ、6月1日に『ちちんぷいぷい♪』でメジャーデビューされますね。

胡桃沢まひる:メジャーデビューというよりもソニーミュージックレコーズさんに所属してからの初めての作品(シングル)という気持ちが強いです。いままでとスタンスが変わったということはなくて、周りにいるスタッフさんにも相変わらずよくしていただいていますし、そこにソニーミュージックレコーズさんの素敵な仲間が増えたという感じです。6月1日に発売される「ちちんぷいぷい♪」もみんなで楽しめるような楽曲になっているので、いろいろな人に知ってもらえる機会が増えるだろうし、これからがすごく楽しみなんです。

雨宮伊織:今回の(メジャーからの)1stシングルは、これまでの曲とは違った感じになっているんですけど、いままでのファンの人たちにも受け入れてもらいたいんです。これからたくさんファンを増やしたいっていう気持ちもあるけど、いままでのファンの人たちも絶対置いてけぼりにしないように、いっぱいライブをやりたいと思っています。



星野にぁ:まひるも言っていたんですけど、妄想キャリブレーションがいままでやってきた楽しいライブは大事にしつつ、ソニーミュージックレコーズさんに所属して、新しいものをどんどん取り入れていって進化していけたらなって思っています。

双葉苗:私たちがソニーミュージックレコーズさんに引き取ってもらえるなんて思ってもみなかったです(笑)。すごくイロモノみたいな私たちなんですけど、受けれてもらった分、少しずつでもいろいろ発信していけたらなって思っています。

水城夢子:ソニーミュージックレコーズさんに所属するようになっても、私たちだけが持っているものはいままでどおり持ち続けていたいし、新しいことにも挑戦してみたい気持ちもあります。今回の「ちちんぷぷいぷい♪」は新しくEDMサウンドに挑戦しているので、よろしくお願いします。



桜野羽咲:夢子も言ってたみたいに、私たちにあるものプラス、新しいものに挑戦する。EDMだったり、いままでとは違ったCDジャケットやアーティスト写真だったり。活動の幅がもっと広がっていけばいいなと思います。あとソニーミュージックレコーズさんと手を取り合って妄想キャリブレーションというジャンルを確立できるようにしていきたいなって。世の中にいっぱいアイドルさんっているじゃないですか? その中でもおじいさん、おばあさんに聞いてもすぐに名前が出るアイドル、そこに妄キャリも入れるようになりたいです。



――ソニーミュージックレコーズに所属しての変化はあります?

胡桃沢まひる:スタッフさんの数が増えてすごいびっくりしました。物販とかのお手伝いだったり、チェキの撮影をお手伝いしていただいたり。

桜野羽咲:でも私たち、まだ、そういうのに慣れていなくて……。ライブのときってお水とか必要じゃないですか? いままでは自分たちで買って持って行っていたんです。いまはライブのとき(お水を)用意してもらえるんですよ。だから(自分で用意したのもあるので)余っちゃって(笑)。いつも自分たちがやっていたことを、代わりにやってくださる方がいるのに、まだ慣れないんです。

双葉苗:担当のメイクさんが付いてくださって、今日もばっちりメイクをやっていただいたり、自分ではできない髪型ができたり。その分、自分たちはパフォーマンスとかで返していきたいです。

最終更新:6月2日(木)23時30分

エキサイトミュージック