ここから本文です

「BIGBANG」に同伴入隊報道…事務所代表は否認「論議したこともない」

WoW!Korea 6月1日(水)10時20分配信

1日午前、ある韓国メディアが「BIGBANG」メンバーの同時期・同部隊に入隊する可能性を言及した。来年、T.O.P(28)の入隊を皮切りにメンバーが「BIGBANG」の空白期を最短にするため、同伴入隊(親しい友人や同僚と同時に入隊できる制度)に関して検討していたというものだ。

BIGBANGのプロフィールと写真

 これに対して、所属事務所YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表は「論議したこともない」と否認した。

 ヤン氏は1日午前、「BIGBANGと10年を共に過ごしながら、同伴入隊は一度も話し合ったことのない事案だ。デマについては法的対応する予定」と立場を明かした。

 「BIGBANG」はグループ活動だけでなく、ソロやユニット活動も強いため、軍入隊問題によってメンバーの空白期が生じたとしても、グループを導く上で問題はないという見解だ。

 一方、「BIGBANG」は今年、デビュー10周年を迎え、特別なプロジェクトを進行する予定だ。

最終更新:6月1日(水)10時20分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。