ここから本文です

「BIGBANG」、デビュー10周年最初のプロジェクトは映画「BIGBANG MADE」! 

WoW!Korea 6月1日(水)13時41分配信

韓国人気男性グループ「BIGBANG」がデビュー10周年を記念したプロジェクトを予告した中、その最初のプロジェクトが映画「BIGBANG MADE」であることがわかった。

BIGBANGのプロフィールと写真

 YGエンターテインメント(以下、YGエンタ)は1日、公式ブログやSNSを通じて、映画「BIGBANG MADE」のポスターを公開し、「BIGBANG」のデビュー10周年最初のプロジェクトを紹介した。

 来る6月30日にCGV単独公開を確定した映画「BIGBANG MADE」は、韓国・ソウルを皮切りに北中米やオセアニア、アジアなど13か国32都市66公演で約150万人の観客を動員した「BIGBANG」の2度目のワールドツアー「MADE」を扱った映画だ。

 2015年4月からことし3月まで「BIGBANG」のワールドツアーの旅を盛り込んだ今回の映画は、ステージ上の華やかでプロフェッショナルな「BIGBANG」の姿だけでなく、「BIGBANG」というタイトルを置いた舞台裏の20代の若者たちの飾らない姿をそのまま盛り込んだ。

 映画の中のインタビュー中「僕たちは全員BIGBANGになるために生まれてきたと思う」という言葉のように、もはやクォン・ジヨン(G-DRAGONの本名)、ドン・ヨンベ(SOLの本名)、チェ・スンヒョン(T.O.Pの本名)、カン・テソン(D-LITEの本名)、イ・スンヒョン(V.Iの本名)という平凡な20代の若者と、「BIGBANG」のメンバーという境界が無意味になった彼らの姿がよく表現されている。

 特にメンバーの要請に応じて、意図や設定なく「BIGBANG」の素顔を生き生きと盛り込んだのはもちろん、ツアー中におこなわれた再契約に関する率直な心境、ステージ上のカリスマは見られない遊び心あふれるの姿まで、これまで10年間、私たちのそばにいたが、私たちが知ることができなかった「BIGBANG」の新たな一面を確認できる作品となる。

 一方、「BIGBANG」はデビュー10周年最初のプロジェクト映画「BIGBANG MADE」以降も、順次プロジェクトを公開する予定だ。

最終更新:6月1日(水)13時41分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。