ここから本文です

ゲームボーイアドバンス用RPG『グランボ』がWii Uバーチャルコンソールで配信開始

ファミ通.com 6月1日(水)17時55分配信

●生物のようなロボット“グランボ”をハントして進化させよう
 カプコンは、2001年にゲームボーイアドバンス向けに発売された『グランボ』を、Wii Uバーチャルコンソールにて本日2016年6月1日より配信開始する。

 以下、リリースより。

----------

 「グランボ」とは、いろいろな生き物をもとにしたロボットのこと。そして、そのグランボを使って平和を守るために戦う人は「グランボセイバー」と呼ばれています。
 この物語は、グランボを悪いことに使う悪の集団「スカイシャーク」が、主人公の住む町を襲ってきたところから始まります。敵のグランボを「ハント」すると敵のデータボールを奪うことができ、入手したデータボールをメカエッグにセットすれば、そのグランボを使えるようになります。敵の属性との相性を考え、うまく「ハントゲージ」をためることが、ハントを成功させるコツです。
 また、データボールは別のデータボールを組み合わせると、進化させることもできます。進化することでしか登場しないグランボもいるので、さまざまなデータボールを集めて試してみましょう。

※このソフトは、原作のゲーム内容を、通信機能・拡張機能を除いてWii U上で再現したものです。原作とは、動作や表現などが異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

グランボ (Wii Uバーチャルコンソール版)
メーカー:カプコン
対応機種:Wii U
発売日:2016年6月1日
価格:650円 [税抜]/702円 [税込(8%)]
ジャンル:RPG

最終更新:6月1日(水)17時55分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。