ここから本文です

金正恩氏側近の訪中 韓国当局者「局面を変えるのは困難」

聯合ニュース 6月1日(水)17時2分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は1日、北朝鮮が李洙ヨン(リ・スヨン)朝鮮労働党副委員長の訪中により局面を変化させるのは難しいとの見方を示した。訪中は制裁局面における中国の態度変化を意味するかとの報道陣の質問に答えた。李氏は金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の側近で、党外交を統括している。

 同当局者は、李氏が中国共産党の宋濤・中央対外連絡部長との会談で経済と核開発の並進路線を重ねて示したとする北朝鮮・朝鮮中央通信の報道に言及。「これまで中朝関係がぎくしゃくしていたのは核問題が原因」と述べ、非核化に向け北朝鮮が態度を変化させない限り、中朝関係が急に変わることもないと見通した。

 また、李氏の訪中は5月上旬に開いた党大会の結果説明や「伝統的な交流」が目的だと説明した。

最終更新:6月1日(水)17時2分

聯合ニュース