ここから本文です

本日“牛乳の日”に、原田郁子が歌う特別動画が公開

BARKS 6月1日(水)16時35分配信

“牛乳が日本を元気にする”をスローガンに「MILK JAPAN」運動を実施する一般社団法人中央酪農会議が、本日6月1日(水)の「牛乳の日」に、WEB限定動画『ぼくは牛乳』を公開致した。

『ぼくは牛乳』動画

今回公開されたのは、「MILK JAPAN」の人気キャラクターである「ミルコップ」初のCGアニメーションだ。牛乳が入ったコップの妖精である「ミルコップ」が主役となり、“牛乳が食卓に届くまで”を描いた3DCGミュージックビデオとなっている。これは、牛乳が酪農家や生産者団体、乳業メーカーなど多くの人達の様々な思いの詰まったあたたかい飲み物であるという、牛乳を生産する酪農業の価値を多くの人に感じてもらう為に制作されたものである。

動画に出てくる可愛らしいキャラクターをデザインしたのは、JT広告『大人たばこ養成講座』をはじめ、『R25』の表紙キャラクターなど、広告やブックデザインなどで活躍中の寄藤文平。そして動画の歌には、クラムボンの原田郁子を起用。ここでしか聴くことができないオリジナル楽曲が使用されている。

ちなみに、平成13年に国連食糧農業機関(FAO)が、6月1日を「世界牛乳の日」とすることを提唱したのだという。日本では平成19年に6月1日を「牛乳の日」、6月を「牛乳月間」とJミルクが定めており、牛乳月間の6月は牛乳関係のイベントが全国各地で開催されるようだ。気になる方は、オフィシャルサイト(http://www.milkjapan.net/pc/)からチェックしてみて欲しい。

最終更新:6月1日(水)16時35分

BARKS