ここから本文です

ブルース・キューリック、LAキッスの試合で国歌演奏

BARKS 6月6日(月)11時6分配信

キッスのギタリストだったブルース・キューリックが、土曜日(5月28日)、元バンド・メイトのポール・スタンレーとジーン・シモンズがオーナーのアリーナ・フットボール・チームLA KISSの試合で国歌を演奏した。

◆ブルース・キューリック画像

会場には、そのスタンレーとシモンズ、それにエリック・シンガーの姿もあったという。キューリックはハーフタイムで行なわれたチームの専属バンドのパフォーマンスにも参加したようだ。

キューリックはその後、パフォーマンス映像やサウンドチェックの写真をFacebookに投稿し、「今夜、LA KISSで素晴らしい時間を過ごした。彼らは勝ち、俺はジーン、ポール、エリックとつるんだ」「LA KISS、それにバンド、招待してくれてありがとう」などとコメントした。

また、サウンドチェックのとき撮影されたシモンズとの2ショットには、「ジーンは、ESP/LTD Viperのデザインについて俺にちょっと訊かなくてはならなかった。彼は、ダブル・カッタウェイのギターが大好きなんだ。Viperはその種のギターのオフセット・ヴァージョンだ。これは、土曜日ホンダ・センターで行なわれたLA KISSの試合で起きたたくさんの素晴らしいモーメントの1つだ」とのメッセージを付けている。

Ako Suzuki

最終更新:6月6日(月)11時6分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。