ここから本文です

『きみ読む』原作者が贈る恋愛映画の予告編、劇中曲にThe Nationalら

CINRA.NET 6月1日(水)18時5分配信

映画『きみがくれた物語』が8月13日に東京・渋谷シネパレスほか全国で公開。同作の予告編が公開された。

【予告編と画像を見る(21枚)】

『きみに読む物語』『メッセージ・イン・ア・ボトル』『親愛なるきみへ』などの原作者ニコラス・スパークスによる小説をもとにした同作は、アメリカ・ノースカロライナ州にある海沿いの町で出会って結ばれたトラヴィスとギャビーを描くラブストーリー。2人は2児を授かって幸せな生活を送っていたが、ギャビーが交通事故に遭い、目を覚まさなくなったことをきっかけにトラヴィスに究極の選択が求められる、というあらすじだ。

自分がデートに遅れた日にギャビーが事故に遭ったことから自責の念に駆られるトラヴィス役を演じるのは、ベンジャミン・ウォーカー。ギャビー役をテリーサ・パーマーが演じる。メガホンを取ったのはソフィア・コッポラ監督『ロスト・イン・トランスレーション』のプロデュースを手掛けたロス・カッツ。劇中にはThe Rosebuds、Efterklang、The National、Veronica Falls、Jamesらの楽曲が使用されている。

カッツ監督は同作について「この映画は人生は選択だということを思い出させてくれる。なぜ選択をするのか、その決断が何をもたらすのかは、登場人物たちを通じて分かるだろう。この映画に出てくる人物は、あなたの友達かもしれないし、恋人かもしれないし、姉妹や兄弟かもしれない。そしてあなた自身かもしれない。観客にはこの映画を見て、自分自身に重ね合わせ、人生のパートナーを見つけることや、友情や約束について考えてほしい」とコメントしている。

CINRA.NET

最終更新:6月1日(水)18時5分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。