ここから本文です

ブロードメディア(株)(JASDAQ)の持分法適用非連結子会社、Gクラスタ・グローバル(株)が破産開始決定

東京商工リサーチ 6月1日(水)9時24分配信

 Gクラスタ・グローバル(株)(TSR企業コード:297248456、法人番号:7010401072077、港区赤坂8-4-14、設立平成19年10月、資本金26億7360万円、代表清算人:羽生譲治氏)は5月23日、東京地裁に破産を申請し同日、破産開始決定を受けた。破産管財人には飯塚卓也弁護士(森・濱田松本法律事務所、千代田区丸の内2-6-1、電話03-5223-7724)が選任された。
 負債総額は債権者約70名に対して20億9384万円。
 ヨーロッパや日本の事業者と提携し、クラウド配信技術「Gクラスタ」を活用してゲームや映像等のコンテンツを配信するサービスを行い、ピークとなる平成26年3月期には売上高約6億円をあげていた。しかし、技術開発やオペレーションに係る費用が増加し、コスト削減を行っても損失計上が続いていた。そのため、追加的な資金調達を模索していたが、めどが立たない状況となっていた。
 このため、親会社および株主間で協議を重ねた結果、当社の事業継続が困難であると判断し、28年4月22日開催の臨時株主総会で解散を決議。その後も調整を進めていたが、債務超過(27年3月末時点で債務超過額は約13億3400万円)で債務の返済・整理の見込みが立たないため、今回の措置となった。
 なお、当社の事業はブロードメディア(株)(TSR企業コード:294267565、法人番号:2010401054419、同所、設立昭和58年6月、資本金29億3249万6000円、橋本太郎社長)の完全子会社であるブロードメディアGC(株)(TSR企業コード:296161063、法人番号:3010001105315、同所、設立平成16年9月、資本金1000万円、橋本太郎社長)との間で資産譲渡契約を締結。技術(特許権)、商標権、当社の有する子会社株式、クラウドゲーム事業の継続に必要なサーバー等の固定資産を譲渡し、当社のサービスはブロードメディアGCが継続している。

東京商工リサーチ

最終更新:6月1日(水)10時57分

東京商工リサーチ