ここから本文です

南海、新キャラ「愛が、多すぎる。」鳥の名前を募集

乗りものニュース 6月1日(水)7時0分配信

尾羽の形は南海電鉄のロゴマーク

 南海電鉄は2016年5月30日(月)、沿線のプロモーションをする新しいキャラクターの名前を募集すると発表しました。

 2015年に開業130周年を迎えた南海電鉄は、ブランドイメージ向上を図るプロモーションを展開しており、新しいキャラクターはその活動のスローガン「愛が多すぎる。」に関連して登場。鳥がモチーフにされており、南海電鉄のロゴマークの形をした尾羽がチャームポイントといいます。旅をしながら南海沿線にまつわる“愛”を探すため、いろいろな駅や路線に出没するそうです。

 応募は南海電鉄のウェブサイトで6月30日(木)まで可能です。決定した名前は7月上旬に発表され、採用者には記念品が贈呈されます。

 南海電鉄では「愛が、多すぎる。」をスローガンに、さまざまなプロモーション活動を実施しており、テレビCMも放映。オリジナルの「南海体操」を同社の社員たちが踊るほか、タレントの田原俊彦さんが「南海愛ドラマ」を演じています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月1日(水)7時0分

乗りものニュース