ここから本文です

インテグラから4K/HDCP2.2対応「DRX-3」が13万円で発売。 アトモス&DTS:Xも再生可能

Stereo Sound ONLINE 6月1日(水)12時26分配信

オブジェクトオーディオは5.1.2ch対応

 オンキヨー&パイオニアがインストーラー向けブランドとして展開しているIntegra(インテグラ)から、ドルビーアトモス&DTS:X(DTS:Xはアップデート対応)の再生が可能なAVアンプ「DRX-3」が発売された。定価は¥130,000(税別)。

 その主な特徴は以下の通り。

・Dolby Atoms、DTS:Xのオブジェクトオーディオに対応(5.1.2ch)
 ※DTS:Xはアップデートで対応
・4K、HDR、ITU-R BT.2020に対応
・4Kアップスケーリング、Super Resolution機能搭載
・HDMI8入力/2出力を装備
 ※HDCP2.2はHDMI入力1~3、メイン/サブ出力のみ
・DACチップに旭化成エレクトロニクス社製384kHz/32ビットのAK4458を採用
・無線LAN搭載
・Bluetooth Ver.4.1搭載(互換性:A2DP v1.2、AVRCP v1.3)
・音場設定機能AccuEQ Room Calibrationに加え、イネーブルドスピーカーを最適化するAccuRefl exを搭載
・正確なクロック波形を作り出し、デジタル信号のゆらぎを排除するPLL(PhaseLocked Loop)方式ジッタークリーナー採用(S/PDIF)
・TuneIn Radio、radiko.jp搭載
・LANからの音楽ファイル再生(MP3、WMA、WMA、WAV、FLAC、AIFF、AAC、Apple Lossless、DSD 2.8MHz/5.6MHz、LPCM、Dolby TrueHD)
・USB再生対応(MP3、WMA、WAV、AIFF、FLAC、AAC、Apple Lossless、DSD 2.8/ 5.6MHz、Dolby TrueHD)
 ※USBストレージのフォーマットは、FAT16、FAT32に対応
・ギャップレス再生に対応(MP3、WMA、FLAC、WAV、AAC)

Stereo Sound ONLINE編集部

最終更新:6月1日(水)12時26分

Stereo Sound ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]