ここから本文です

約2万円でテレビをもっといい音に! オラソニック「TW-D77OPT」はスピーカーがサイズアップして、TVも映画も大迫力で楽しめる

Stereo Sound ONLINE 6月1日(水)13時0分配信

光デジタルケーブル1本でテレビと簡単接続

 オラソニック(Olasonic)より、テレビ用スピーカー「TW-D77OPT」が6月下旬に発売される。想定市場価格は¥22550前後。

 TW-D77OPTは、2011年に登場したTW-D7OPTの後継機にあたる。光デジタル入力などの接続端子を備えたアンプ部と、L/Rで独立したスピーカーから構成されており、定位感に優れるサウンドを生み出すとしている。

 本機は「求めやすい価格で、テレビの音をもっと迫力いっぱいに楽しみたい」という声に応え、TW-D7OPTのアンプ部に、上位モデルTW-D9HDMのスピーカーを組み合わせている。大型化したスピーカーにマッチするよう、アンプには再チューニングを施したとのことだ。

 タマゴ型のエンクロージャーには、60mmコーン型フルレンジと、70mmパッシブラジエーターを装備。エンクロージャーの容積とパッシブラジエーターの面積は先代モデルに比べ1.2倍となっており、人の声が明瞭に聴こえるのに加えて、映画ソースでも迫力ある再生を実現している。再生周波数帯域は45Hz~20kHz。

 アンプは、大容量キャパシターで効率よく出力を引き出す独自のSCDS(スーパーチャージドドライブシステム)回路により、最大10W×2を発揮する。

 接続端子は、アナログ音声入力(3.5mmステレオミニ)と、96kHz/24bit信号にも対応したデジタル音声入力(光)、ヘッドホン出力(3.5mmステレオミニ)を各1系統備えている。テレビとの接続は光デジタルケーブル1本ですむのに加え、テレビの電源に連動したオートパワーON/OFF機能を備えているのもポイントだ(デジタル/アナログ入力ともに対応)。

 また、付属の赤外線リモコンで入力切替や、音量の調整ができるほか、テレビのヘッドホン出力とアナログで接続すれば、テレビリモコンからもボリュウムコントロールが可能となる。

 TW-D77OPTをテレビ(アンダースピーカータイプ)につないでみたところ、主に声の聴き取りやすさに大きな違いが確認できた。本機の音は中高域がクリアーかつ伸びやかで、人の声がスッと素直に届いてくるし、アクションシーンなどの低域も充分に出ていた。また、スピーカーが独立しており、ある程度L/R間の距離を取って設置できるので、明確な定位と音場感が得られるのも魅力だろう。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:6月1日(水)13時4分

Stereo Sound ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]