ここから本文です

香川はクロップ率いるリヴァプールへは行かないのか? 英紙の質問に香川は「リヴァプール移籍については……」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月1日(水)7時50分配信

クロップの下でプレイする香川をもう1度見たいが……

ドルトムントMF香川真司にとって、プレミアリーグはあまり良い思い出がない場所だ。名門マンチェスター・ユナイテッドに移籍したものの、チームスタイルに適応できずにベンチを温める時間が多くなってしまった。しかし、現在リヴァプールで指揮を執るユルゲン・クロップの下に行けば状況は変わるのではないか。

そこで英『FourFourTwo』は香川へのインタビューの中で、もしクロップがリヴァプールへ来ないかと誘ってきた場合はどうするのかと質問。しかし香川はこの質問を笑って否定し、現在はドルトムントのことに集中しているとコメントした。

「ヨーロッパリーグでクロップと会って話しましたけど、そんなに長くは話してないですよ。軽く挨拶を交わしたくらいです。リヴァプール移籍については考えていませんよ。今はドルトムントに集中していますから」

香川は今季ドルトムントで完璧に復調し、今のパフォーマンスであればプレミアリーグでも十分にやっていけるはずだ。もちろんもう1度香川がプレミアリーグ挑戦に踏み切ることは想像しにくいが、リヴァプールでプレイする香川の姿を見てみたいのも事実だ。もし本当にクロップが誘ってきた場合、香川の心に変化は起こるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月1日(水)7時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]