ここから本文です

客室から楽しむ中庭イルミ 「ウィッシュ」棟内部を公開!(2)【東京ディズニーセレブレーションホテル開業】

ちばとぴ!チャンネル 6月1日(水)11時6分配信

ディズニー部員が、6月1日オープンの第4のディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を徹底取材!

【関連写真】ロビー中央はミニーマウス&「アリスのティーパーティー」!

レポート第2弾は、大きなアートが壁面を飾る客室と、「白雪姫の願いの井戸」のある中庭を紹介します。

◆“ウィッシュ”スタンダードルーム公開

セレブレーションホテルの「ウィッシュ」の客室は7種類あり、今回取材したのは、“ウィッシュ”スタンダードルーム・ガーデンサイド。中庭に面しており、大人4人まで宿泊できます。

トイレ付きのユニットバスが設置された29平方メートルの部屋で、壁一面の大きなアートには、ディズニーの仲間たちがパークのアトラクションを楽しむ様子が描かれています。

料金は、最も安い設定の日で1泊1室2万3千円と、とてもリーズナブルですが、基本的には販売開始時の料金を上回って変動するそうです。

◆夢の世界のよう カラフルな内装

客室内のアートは、まるで夢の世界を見ているかのよう。

アリエルの海底の世界をヒントにしたツル植物柄のカーテンや、チューリップ模様の赤いカーペット、壁紙にはパークのアトラクションが描かれたカラフルな内装は、パークの続きそのままに楽しく過ごせそうです。

◆快適に過ごせるよう配慮

1部屋にソファとして設置されているデイベッドは2台あり、3人から4人で宿泊するときにベッドとして利用します。

アメニティ関連には、残念ながらディズニーのキャラクターたちの登場はありませんが、スリッパにミッキーマウスのワンポイントが入っています。バスルームは、トイレ付きの一般的なユニットバスです。

◆中庭中央に「白雪姫の願いの井戸」 夜はイルミネーション

中庭の中央には、「白雪姫の願いの井戸」が設置され、周囲には、東京ディズニーランドのエレクトリカルパレード・ドリームライツのフロートをモチーフにした、樹木を刈り込んで作ったトピアリーと水の流れるエリアがあります。

夜になると、トピアリーや樹木がイルミネーションで彩られ、幻想的な雰囲気になります。

◆ホテル内のカフェやショップ

東京ディズニーランドの「イッツ・ア・スモール・ワールド」をイメージしたという内装の「ウィッシュ・カフェ」では、朝の6時半から10時まで、ブッフェスタイルの簡易な朝食が提供されます。昼食、夕食の提供はないそうです。

その他、8時から21時営業の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの販売商品を取り揃えた「ディズニーファンタジー」、日用品などを販売する24時間営業の「ウィッシュ・スナック&サンドリー」があります。

レポート第3弾は、「東京ディズニーセレブレーションホテル」総支配人の平野宣光さんに、千葉県民を代表して(?)行ったインタビューをお届けします!

最終更新:6月1日(水)11時12分

ちばとぴ!チャンネル