ここから本文です

【MLB】岩隈久志、メジャー600奪三振&4勝目の権利持って降板

Full-Count 6月1日(水)7時30分配信

4回までパーフェクト投球も大量リード後に3被弾

 今季4勝目を目指して5月31日(日本時間6月1日)のパドレス戦に先発したマリナーズ岩隈久志投手が、1回にメジャー通算600奪三振を記録した。7回を投げて5安打5奪三振4失点(自責4)とし、勝利投手の権利を持って降板。防御率は4.41となった。

ダル、岩隈、田中…ここ2年でMLBで先発した主な日本人投手の成績比較

 交流戦だったこの日は、本拠地でパドレスと対戦。1回2死で迎えたケンプをフルカウントからの6球目スプリットで空振り三振に仕留め、600奪三振に達した。岩隈はスライダーとスプリットでパドレス打線をかく乱し、4回終了までパーフェクト投球。再び快挙達成なるかと思われたが、5回先頭ソラルテにレフト前に安打された。

 打線の大量援護もあった。パドレス先発シールズをマリナーズ打線が捉え、3回途中までに10点を奪ってマウンドから引きずり下ろした。その後も打線の勢いはとどまることを知らず。5回まで毎回得点となる16点を獲得した。

 攻撃の時間が長くなり、自分のリズムを保つのが難しかったのか、16点リードで6回のマウンドに戻った岩隈は、先頭ラミレスにレフト前安打された後、9番ジャンコウスキーに中堅へ2点弾を運ばれた。さらに2死からケンプに左翼へソロ弾。7回にも先頭サンチェスに中堅へソロ弾を運ばれた。

 7回終了で90球を投げて64ストライク。8回からマウンドを2番手ヌノに譲った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月1日(水)7時38分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報