ここから本文です

マカオ、月次カジノ売上24ヶ月連続前年割れ=5月9.6%減の約2525億円

マカオ新聞 6月1日(水)15時23分配信

 マカオ政府博彩監察協調局は6月1日、今年(2016年)5月のマカオの月次カジノ売上について、前年同月比9.6%減、前月比6.0%増の183.89億パタカ(日本円換算:約2525億円)だったとする最新統計を公表した。

 月次カジノ売上の前年割れは一昨年6月以降24ヶ月連続。金額ベースでは3ヶ月ぶりにプラスに転じた。

 今年1~5月の累計カジノ売上は916.06億パタカ(約1兆2621億円)で、前年同期比11.9%減。マイナス幅は前月から0.5ポイント縮小した。

 なお、昨年通期の累計カジノ売上は、前年から34.3%の大幅減となる2308.4億パタカ(約3兆733億円)で、2年連続で前年割れとなり、金額は2011年実績をやや下回る水準にまで逆戻りした。

【資料】2016年のマカオの月次カジノ売上の推移(カッコ内は前年比)
・1月:186.74億パタカ=約2564億円(21.4%減)
・2月:195.21億パタカ=約2682億円(0.1%減)
・3月:179.81億パタカ=約2470億円(16.3%減)
・4月:173.41億パタカ=約2383億円(9.5%減)
・5月:183.89億パタカ=約2525億円(9.6%減)
>1~5月累計:919.06億パタカ=約1兆2621億円(11.9%減)

最終更新:6月1日(水)15時28分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。