ここから本文です

ブンブンサテライツ、川島道行の病状を理由に活動終了

MusicVoice 6月1日(水)14時50分配信

 デビューから19年、数回にわたってボーカル川島道行の脳腫瘍と闘いながら幾度となく苦難を乗り越え、新しい音楽を世界に届けてきたブンブンサテライツが川島道行(Vo)の病状が理由により、その歴史に幕を閉じることをメンバーの中野雅之が明かした。

 中野のブログでは「これ(『LAY YOUR HANDS ON ME』)がBOOM BOOM SATELLITESの最後の作品になります。理由は川島道行の脳腫瘍による麻痺などの後遺症です。現在、川島はミュージシャンとしての役割を終えて家族と共に穏やかな毎日を過ごしています」と、22日に発売される『LAY YOUR HANDS ON ME』を最後に、川島の麻痺による後遺症のため活動を終了することを告げている。

 1997年にヨーロッパデビューし、常に音楽シーンを牽引してきた唯一無二のロックバンドBOOM BOOM SATELLTES。2015年夏、川島の4度目の脳腫瘍再発が発覚し予定していたツアーをキャンセル。その後、制作が進められていた彼らの新曲『LAY YOUR HANDS ON ME』は、TVアニメ『キズナイーバ―』のオープニング曲として起用が決まり、4曲入りの作品としてリリースされる。

 さらに中野は『LAY YOUR HANDS ON ME』について「この作品は4曲、約22分。祝祭と終焉、静けさ、そして新たな始まり。まるでこのバンドの生涯を22分で描ききったような壮大で美しい作品に仕上がったと思います」とコメントし、過酷な状況下で制作されたとは思えないほどの、清々しく躍動感に溢れた作品に仕上がったことを伝えた。

 一方、ミュージック・ビデオをディレクションした監督である関和亮氏は「MVを制作する時間が今まで感じたことのない掛け替えのないものになりました。BOOM BOOM SATELITESお2人と自分をはじめ制作フタッフの想いが詰まったビデオになっています。最後まで見てください」とGYAOでフル尺公開が始まっているMVについてコメントした。

 さらに、『LAY YOUR HANDS ON ME』はすでに街中やラジオから耳にした人からリクエストが殺到しフル尺で手に入れたいと切望されていたが、この発表と共に6月22日パッケージの発売に先駆けてフル尺単曲配信、iTunesのIGPプリオーダーがスタートしている。

最終更新:6月1日(水)14時50分

MusicVoice