ここから本文です

【MLB】岩隈久志、メジャー600奪三振&自身3連勝で4勝目! マ軍は16得点大勝

Full-Count 6月1日(水)7時49分配信

マリナーズはセーフコフィールドでの最多得点

 マリナーズ岩隈久志投手が5月31日(日本時間6月1日)、本拠地でのパドレス戦に先発し、自身3連勝で今季4勝目(4敗)を挙げた。試合序盤に大量援護を受け、3被弾しながらも危なげない勝利。7回を5安打5奪三振4失点(自責4)で、防御率は4.41となった。

ダル、岩隈、田中…ここ2年でMLBで先発した主な日本人投手の成績比較

 メジャー通算600奪三振に王手を掛けてマウンドに上がったこの日。1回2死から3番ケンプを空振り三振に仕留め、早々に記録を達成した。速球を軸にしながらスライダーとスプリットでバットを振らせる効果的なピッチングで、4回終了までパーフェクト投球。球数もわずか48球だった。

 昨年のノーヒットノーランに続き、再び快挙達成なるかと思われたが、5回先頭ソラルテにレフト前に安打された。16点リードで迎えた6回には、9番ジャンコウスキーの中堅席への2ランと3番ケンプの左翼へのソロ弾で3失点。7回にも先頭サンチェスに中堅へのソロ弾を許した。7回終了で90球(64ストライク)を投げて降板した。

 4月は0勝3敗と苦しんだ岩隈だが、5月は6試合に登板して4勝1敗。最近3試合はクオリティスタート(6回以上を投げて自責点3以下)を続けており、徐々に復調傾向にある。この日、チームは本拠地セーフコフィールドでの最多得点に並ぶ16点をマーク(2002年エンゼルス戦以来)で16-4と大勝。レンジャーズとの地区首位争いを一歩も譲らない好位置を守った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月1日(水)7時58分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。