ここから本文です

赤いラインが美しい! MRJの2号機、初飛行に成功

sorae.jp 6月1日(水)17時40分配信

いよいよ量産も決まった、国産リージョナルジェットの「MRJ」。そのMRJの飛行試験機2号機が5月31日、初飛行に成功しました。初号機からカラーを変え、鮮やかな赤いラインをまとった2号機は名古屋空港を飛び立ち、太平洋側を飛行。基本特性の確認が行なわれました。今後、2号機では性能確認が行なわれる予定です。
 
MRJは三菱航空機と三菱重工業が開発、製造をおこなうジェット旅客機で、70~90席クラスのリージョナルジェット(地域間輸送用旅客機)に分類されます。以前にも国内開発の旅客機としてはプロペラ機の「YS-11」がありましたが、MRJは初の国産ジェット旅客機となります。なお、エンジンはアメリカのプラット・アンド・ホイットニー社製です。
 
2000年代に開発がスタートしたMRJですが、2015年の11月11日には初飛行に成功。すでにJAL(日本航空)やANA(全日本空輸)を含む多くの航空会社から発注が行なわれています。ただしその後に度重なる納入の延期が発表されるなど、開発は常に順調というわけではありませんでした。
 
さらに、ブラジルの航空機メーカーのエンブラエル社もMRJに競合するであろう「E190-E2」の初飛行を成功させています。同機はMRJと同じく2018年の納入を目指しており、MRJと激しい受注競争が起きることが予想されます。
 
今後、三菱航空機はアメリカのワシントン州でも飛行試験を行ない、2018年半ばの量産初号機の納入を目指す予定です。国産ジェット機が日本だけでなく世界に羽ばたく日が、いよいよ近づいていますよ!

最終更新:6月1日(水)17時40分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]