ここから本文です

ロッテ石川、パ防御率トップに 「途中から力を抜いて」7回無失点&5勝目

Full-Count 6月1日(水)8時21分配信

自身3連勝、伊東監督も称賛

 ロッテの石川歩投手が5月31日の交流戦初戦で、チーム打率2割7分3厘と強打の広島打線相手に粘りの投球を見せた。7回121球を投げ、7安打無失点で3連勝の5勝目(2敗)。防御率も1.30から1.14に挙げ、日本ハム有原を抜き、トップに躍り出た。

2016年版のロッテ交流戦挑発ポスター 全7種類

 初回に今季初の5番スタメンで出場した井口が「球に逆らわずに打てた」と右中間に2点二塁打を放つなど早々と援護を受けた。得意のシンカーを効果的に使い、好調広島打線に得点を許さなかった。

 4番エルドレッドには4回に初球のカーブをフェンスぎりぎりまで運ばれたが、本拠地の風にも助けられた。「(風で)シンカーの変化も大きかった」。2回2死一、二塁では8番の安部にカウント1-2から直球、カーブ、シンカーと全ての球種をカットされ、6球ファールで粘られたが最後はシンカーで空振り三振にしとめた。

「腕を振って投げたら、逆に合わされてると感じて、途中からちょっと力を抜いて投げた」とフォームをゆるめたりと、さすがエースクラスの円熟の業。伊東監督も「前回マメで途中で代わったが、ボールにキレがあった」。これで勝ち負けの差が3となり「この貯金を積み上げていきたい」と石川は頼もしかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月1日(水)8時21分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。