ここから本文です

内山靖崇が単複ともに準々決勝へ [軽井沢/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月1日(水)18時27分配信

「ポルシェ 軽井沢フューチャーズ」(長野県・軽井沢会テニスコート/本戦5月30日~6月5日/賞金総額2.5万ドル/クレーコート)の本戦2日目は、シングルス2回戦4試合とダブルス1回戦8試合が行われた。

本戦がスタート、シングルス1回戦が終了 [F6軽井沢フューチャーズ]

 シングルスでは、第2シードの内山靖崇(北日本物産)、第4シードの関口周一(Team REC)、第8シードの越智真(江崎グリコ)、井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)が準々決勝に駒を進めた。

 ダブルスは1回戦がすべて終了。第1シードの内山/アンドリュー・ウィッティントン(オーストラリア)、第2シードの吉備雄也(ノア・インドアステージ)/松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND)、第3シードの長尾克己(上武大学)/奥大賢(エキスパートパワーシズオカ)、第4シードの片山翔(伊予銀行)/小ノ澤新(イカイ)のシード勢4組がベスト8進出を決めている。

 6月2日(木)は10時00分から、シングルス2回戦4試合とダブルス準々決勝4試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝ち上がり

     ◇   ◇   ◇

【シングルス2回戦】

○20井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)6-4 6-3 ●17竹内研人(北日本物産)[7]

○24関口周一(Team REC)[4] 6-3 6-1 ●22エバン・ソン(アメリカ)

○25越智真(江崎グリコ)[8] 6-4 6-2 ●27鈴木昂(SARI)[Q]

○32内山靖崇(北日本物産)[2] 6-4 6-3 ●29片山翔(伊予銀行)

--------------------

【ダブルス1回戦】

○1内山靖崇/アンドリュー・ウィッティントン(北日本物産/オーストラリア)[1] 6-3 6-4 ●2江原弘泰/河野優平(日清紡ホールディングス/早稲田大学)

○3岸僚太/鈴木昂(自由ガ丘インターナショナルテニスカレッジ/SARI)7-5 4-6 [10-3] ●4大西賢/田沼諒太(ノア・インドアステージ/ワールド航空サービス)

○5片山翔/小ノ澤新(伊予銀行/イカイ)[4] 6-3 6-2 ●6加藤彰馬/吉田慎(亜細亜大学)[WC]

○8韓成民/上杉海斗(慶應義塾大学)[WC] 2-6 6-4 [10-6] ●7エバン・キング/エバン・ソン(アメリカ)

○9仁木拓人/岡村一成(三菱電機/ストライプインターナショナル)7-6(3) 6-3 ●10関口周一/竹内研人(Team REC/北日本物産)

○12長尾克己/奥大賢(上武大学/エキスパートパワーシズオカ)[3] 6-1 7-6(5) ●11正林知大/住澤大輔(高崎テニスクラブ/Val)[WC]

○13菊池玄吾/竹島駿朗(Team REC)6-4 6-2 ●14伊藤雄哉/高橋悠介(荏原湘南スポーツセンター/フリー)

○16吉備雄也/松井俊英(ノア・インドアステージ/ASIA PARTNERSHIP FUND)[2] 2-6 6-3 [10-5] ●15イ・ダクヒ/ウー・チョンヒョ(韓国)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6月2日(木)18時45分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]