ここから本文です

【MLB】イチロー7度目マルチで3000安打に「37」&歴代31位タイ浮上

Full-Count 6月1日(水)9時0分配信

球団発表記録で31位タイ浮上

 マーリンズのイチロー外野手が5月31日(日本時間6月1日)の本拠地パイレーツ戦で今季7度目のマルチヒットを放った。「1番・ライト」で2試合ぶりにスタメン出場し、第4打席にこの日2本目のヒットを記録。通算2963安打でメジャー歴代31位タイに浮上し、3000安打に残り「37」とした。また、日米通算で4241安打とし、ピート・ローズのメジャー最多安打まで「15」となった。試合は3-1でマーリズが勝利した。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 この日は「1番・ライト」で2試合ぶりにスタメン出場。第1打席は相手先発右腕コールの前にショートフライに倒れたが、同点の3回先頭の第2打席ではセンター前へ痛烈な打球を放った。0-0の5回1死走者なしでは捕ゴロに倒れたものの、同じく同点の7回1死走者なしではライト前に弾き返した。その後、リアルミュートの内野安打で二塁に進むと、イエリッチの右前打で先制のホームを踏んだ。

 これでメジャー通算安打は2963安打に。MLB公式サイト等のランキングではすでに1899年からレッズなどで活躍したサム・クロフォードを抜いて単独31位となっていたが、球団発表では、スポーツデータ等を扱う米シンクタンク「エリアス・スポーツ・ビュロー」社のデータとしてクロフォードは2963安打とされており、この日の2安打目で31位タイに浮上したことになる。

 イチローはこの日、4打数2安打1得点で打率打率.322となっている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月1日(水)11時1分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]