ここから本文です

Hilcrhyme、理想と現実の自分に悩む「パラレル・ワールド」MV

MusicVoice 6月1日(水)17時48分配信

 6月9日に結成10周年を迎える新潟在住2人組ラップ・ユニットHilcrhyme(ヒルクライム)が、5月31日に結成10周年記念シングルとなる「パラレル・ワールド」のミュージックビデオ(MV)を公開した。MVは、登場する女性が理想の自分と現実の自分のパラレル・ワールドに悩むというストーリーになっていて、この続きは秋に公開される3Dライブ映画に繋がっていく。そして、6月1日「パラレル・ワールド」の配信リリースを記念しラジオ&CS音楽チャンネルと連動し「パラレルOAリレー企画」開催。

 今年4月15日にディファ有明で開催した一夜限りのスペシャル公演『Hilcrhyme 10th Anniversary LIVE 「PARALLEL WORLD」』が3D+CG+音響効果により大迫力の3D LIVE映画『Hilcrhyme 10th Anniversary FILM 「PARALLEL WORLD」3D』 となって、今秋から全国の劇場で公開される事が決定。その映画の主題歌で結成10周年記念シングルとなる「パラレル・ワールド」のミュージックビデオが完成した。

 今作はLady GagaやJennifer Lopezのプロデュースで一世風靡し、第58回グラミー賞受賞したJUSTIN TRUGMAN (ジャスティン・トラグマン)をプロデューサーに迎え、DJ KATSUとJUSTIN TRUGMANのタッグで創られたトラックが新境地ともいえる楽曲。「色んな分岐点で様々な選択しながら人生は進んで行く。もしあの時こうしていたら…と思うことはあるけど、今自分がしている事、進んでる道が一番最高だと信じて生きる事が大事だと思う」、というTOCのメッセージが込められている。

 MVは、登場する女性が理想の自分と現実の自分のパラレル・ワールドに悩むというストーリーになっていて、この続きは秋に公開される3Dライブ映画に繋がっていくという。Hilcrhymeが10年の時を経て紡ぐ壮大なドラマは幕を開けたばかり。これからの展開に期待したい。

 そして、ラジオ&CS音楽チャンネルと連動し「パラレルOAリレー企画」開催する。音楽メディアと連動し10周年記念第一弾シングル「パラレル・ワールド」の先行配信日である6月1日に同曲が各地でパラレルに全国でオンエアされる企画「HilcrhymeパラレルOAリレー企画」が24時間限定で開催。下記音楽番組で「パラレル・ワールド」のオンエア。

HilcrhymeパラレルOAリレー企画
開催期間:6月1日0時~24時

【RADIO】※OA時間順

Bayfm「Power Bay Morning」5:00-8:51
RADIO BERRY「B-UP!」7:30-10:50
FMぐんま「WAI WAI Groovin’」7:30-11:00
ZIP-FM「PEACHY.」 9:00-12:00
CRT栃木放送「シモツカル」9:00-12:30
NACK5「monaka」9:00-12:40
FM PORT「Mint Condition」10:00-13:00
TOKYO FM「LOVE CONNECTION」11:30-13:00
IBS茨城放送「スマイルスマイル+(plus)」13:00-15:55
@FM(FM AICHI)「Radio Freaks」13:00-16:00
YBS山梨放送「はみだししゃべくりラジオ キックス」13:00-16:40
BSN新潟放送「ゆうWAVE」15:00-17:30
RADIO BERRY「B・E・A・T」15:00-18:55
FM長野「echoes」16:00-18:55
FM-NIIGATA「SOUND SPLASH」16:00-18:55
FM大阪「遠藤淳のYou’ve Got a Radio!」16:00-18:55
FM横浜「Tresen+」16:00-20:00
FM石川「MOVE」16:30-19:00
FM福岡「Hyper Night Program GOW!!」16:30-20:25
FM福井「Smooth」17:45-19:00
FM FUJI「J POP N' ROCKs」21:00-22:56

【CS】

SSTV「NEW CUTS」7:30-7:45 
SSTV-PLUS「ヒッツナウ!」15:00-16:00
MUSIC ON!TV「サキドリ!」20:00~20:15

最終更新:6月1日(水)17時48分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。