ここから本文です

京都鉄道博物館が新たな割引を導入へ 市バスや京都タワーなどと提携

乗りものニュース 6月1日(水)17時58分配信

市バスの1日乗車券など掲示で入館料金が割引に

 JR西日本は2016年5月31日(火)、「京都鉄道博物館」(京都市下京区)が京都市交通局や近隣の各施設と提携し、入館料金の割引や「京都タワー」(同)も入館できるセット入場券の販売などを開始すると発表しました。

 入館料金の割引サービスは6月2日(木)から開始。当日利用の「市バス、京都バス一日乗車券カード」などを「京都鉄道博物館」で掲示すると、当日の入館料金がチケット1枚につき1割引になります。割引の対象になるチケットは次のとおりです。

・「市バス、京都バス一日乗車券カード」
・「市営地下鉄1dayフリーチケット」
・「京都観光一日(二日)乗車券」(期間限定販売の「いい古都チケット」「京阪みやこ漫遊チケット」「京めぐり」を含む)
・「京都観光一日乗車券(山科・醍醐拡大版)」
・「京都修学旅行1dayチケット」

 このほか、京都駅周辺の商業施設やホテルが発行する一部の会員カードも割引サービスの対象になります。なお、前売入館券は割引サービスの対象外です。

 また、「京都鉄道博物館」と「京都タワー」は、両施設に有効なセット入場券を6月2日(木)から2017年3月31日(金)まで販売します。「京都タワー」の展望券売り場と「京都鉄道博物館」のエントランスで購入が可能です。値段は大人が1730円、「大学・高校生」が1400円、「小・中学生」が850円。大人の場合は別々に購入するよりも220円安くなります。

 このほか「京都水族館」(京都市下京区)や「ジオラマ京都JAPAN」(同・右京区)との相互割引も開始。いずれかの施設の入館チケットを、入館から1か月以内に「京都鉄道博物館」に持っていくと入館料金が1割引に。逆に「京都鉄道博物館」のチケットを1か月以内に2施設のいずれかに持っていくと、入館料金が割引になります。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月1日(水)20時28分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]